本文へスキップ

XiangLe「悠」の会top

「XiangLe中国茶サロン」は、2016年末をもって惜しまれつつ幕を閉じました。
「中国茶を楽しむ」こと、「中国茶をいれる」こと、
そしてその周りにある多くのことを学び、体験させて頂きました。

「楽しい」と感じた瞬間、
「幸せ」と感じた瞬間、
「充実」を感じた瞬間、
「癒される」と感じた瞬間、
「感動の涙」を流した瞬間…。

そこには、人がいて、
工藤先生がいて、
中国茶がありました。

その「愉しさ」まで終わらせてしまうのは、とても寂しい思いがいたしました。

そこで
「工藤先生と「XiangLe」でご一緒した方々と、
まだまだ「愉しさ」を共有したい」
そんな思いで、この会を作りました。

「中国茶を介して同じ時間、空間を分かち合い
何かをすることができたなら…」
そこには固い決意も、特別な目的などもありません。

先生からは、その柔らかさ、しなやかさ、漠然とした感じがよいと
ご賛同をいただきました。

あの瞬間に、また出会いたい。
あの時、あの空間に皆さまと共に立ち会いたい。

それを「悠」という文字に託しました。


代表幹事
村山 由美子
山本 由美子