本文へスキップ

XiangLe+XiangLe「悠」の会 イベント情報 Info17707

Chinese Tea@Domaine de Mikuni, Karuizawa
お誘い


(11月12日に昼と夕の2回、和やかに開催されました。
昼の回のレポートはこちら 
夕の回のレポートはこちら


夏の賑わい、人の楽しげな声の季節が去り
枝に残された数枚の枯葉を眺め
残された時に想いを巡らせる……。
そのような季節の軽井沢・御代田で
来たる冬を越えるための、人の温もりを蓄えるために
皆さんとご一緒にお茶を飲む会を催すことになりました。

Domaine de Mikuni, Karuizawa
Hotel de Mikuniの三國清三氏が、世田谷にあった洋風古民家にほれ、
10年前この地に移築し、レストランを開きました。
大きなガラス窓が、マントルピースを背に、秋の広い庭に面しています。

そして今回の舞台では、もう一人の懐かしい顔が皆さんを迎えてくれます。

かつて「スイス大使館に三國あり」と世界に名を轟かせ、凱旋した三國氏が、
満を持して開いたHotel de Mikuni。
開店のMatre d’hotelに指名したのが、今回のもう一人の主役、
イギリスでの修行を終え、帰国間もない内藤友良氏でした。

日本を代表するサーブのプロと名をはせた彼が、再びMikuniのもとに。

XiangLe中国茶サロンが銀座にあった頃、内藤氏に中国茶を教わった方には、長い期間をおいての再会です。

ミクニイズムとまでいわれるフレンチと
研鑽をつんだ四人の茶藝とのマリアージュ。
介添えをするのは、
日本一のMatre内藤友良と、深秋の軽井沢・御代田のDomaine。

お友達、ご家族も、お誘いあわせのうえ、ご参加ください。
集えること、会えること、その幸せを。


XiangLe 工藤佳治
XiangLe「悠」の会

茶藝: 丸山芳子・山本由美子・金戸美鈴・藤田美紀


(定員に達しましたので、締切ました。ありがとうございました)