ホーム
コース案内
 茶藝を極める
 おいしい中国茶
 年間企画
 速習中国茶
 茶藝プライム
 インストラクター
 チャーター
申込/支払方法
講師紹介
出版案内
連載 ふたたび
続・鳴小小一碗茶
asahi.com
『鳴小小一碗茶』

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


2016年末。「XiangLe中国茶サロン」は、20年超の幕を下します

 1996年。神谷町にあったOMRONの生活文化の研究所で、サロンはスタートをしました。
 生活文化の中の「茶」を研究するため、
そのルーツをたどっていったところに「中国茶」はありました。
 机上の研究ではなく、「楽しさ」「癒し」などを、皆さんと実践する中で、
「茶」を考える活動でした。
 そして、そこから独立し、東銀座へ。そののち、今の高輪のサロンで。
 当初からの、「中国茶」を広く知ってもらう活動も、
次のステージに移らなければならない時になったと思います。
 新しい担い手が、中国茶の楽しみ方、触れあい方などを提案し、
リードしていかなくてはならないと感じます。

 そのような思いもあり、2016年末で、
「XiangLe中国茶サロン」は、当初の役割を終えます。
 私は、「伝える側」「教える側」の立場から、
やっと念願の「楽しむ側」に移りたいと願っています。
 20年を超える時間は、決して短いものではありません。
 「中国茶」に興味を持ち、サロンの門を叩いていただき、
おいでいただいた方々が支えでした。感謝申し上げます。

 この一年を、皆様とともに、いつもの通り、中国茶と触れあいながら、
過ごして幕を閉じたいと思います。

「年間企画・このシーンにこのお茶を」

私が、中国茶の活動の中で、やろうと思ってできなかったことが、いくつかあります。
その中の一つは、中国茶が登場する「ショートショート」と呼ばれる短編を書くことです。
何度がトライしましたが、私にはその才能はなかったようです。ダメでした。
サロン最後の年間企画に、このテーマを選びました。
私の才能のないところを、力ある人たちが描いた人生、自然、出会い、
別れ、愛、友情、出来事、風景などを借り、そのシーンに登場し、感動する、似合う、
通り過ぎるなどなどの中国茶は、どんなお茶でしょうか。
毎月、どんなシーンに、どんなお茶が登場するか、あなたも登場人物になって、お楽しみください。


「続・嗚小小一碗茶」
2012年まで、Asahi.comで5年間連載された「嗚小小一碗茶」を継続連載。月2回の掲載予定。
最新のコラム → 2016年7月15日掲載
過去のコラム → 目次
新クールのご案内
2016年7月期の一般受付を開始します。

「茶藝を極める」コース
継続のみ受付(新規受付は終了済)
「茶藝を極める」コースは、新規受付を終了しています。今のクール以降は、継続者のみの受付になります。
右をクリック →  年間企画

〒108-0074 東京都港区高輪 2-1-11-324
    TEL&FAX 03-3443-1778
    E-mail: zxa00110@nifty.com

Copyright(C) XiangLe Chinese Tea Salon R&D / All rights reserved.